復興釜石映画祭 KAMAISHI MOVIE FESTIVAL

2012年8月14日(火)/ホテルサンルート釜石 2階(岩手県釜石市大町2-3-3)/映画上映、ライブ、落語のフェスティバル/無料

  • 主催:映画「ヤング通りの住人たち」
       テンロクムービープロジェクト、葡萄小屋の青年達(廣島屋)
  • 協力:釜石市、ホテルサンルート釜石、utaca、カクカク企画
  • 協賛:タクミホーム株式会社、株式会社モプロ
ヤング通りの住人たち

あいさつ

釜石市で生まれ育ち、被災者である私は、家族や友人を失い、変わり果てた釜石の姿に愕然としました。
そして、地元に暮らす友人の「どうしたらいいんだべ?」という言葉に、地元を離れた私は、返す言葉が見つかりませんでした。今の自分に出来ることは何か? 考えていた中、映画スタッフが映画で何かしようと声をかけてくれました。
映画の力で被災地に笑顔や元気を届け、楽しむ場を提供したい。そんな思いから映画監督・脚本家の石田摩耶子を中心に、まずは被災地釜石市の為にと賛同した映画監督やスタッフ、ミュージシャンや落語家が集まりました。

東日本大震災から1年経つ今、釜石市出身者として少しでも恩返しをしたい。そして、いつまでも故郷を応援している、大勢の出身者が支えていることを感じて頂けたら幸いです。

また釜石市の復興と共に今後地方映画祭として発展していく事が出来たらという希望も込めて、釜石市の協力の下、今回「復興 釜石映画祭」として開催させて頂くこととなりました。

釜石の住民の皆さんと楽しいひと時を過ごすことができたら幸いです。

復興 釜石映画祭
代 表:石田 摩耶子
副代表:石田 隼人

問い合わせ先